マーケティングオートメーションのメリット

マーケティングオートメーションを導入するにはコストがかかります。そのため、マーケティングオートメーションのメリットを最大限生かすことができるようにしっかりと理解していることが重要です。マーケティングオートメーションの代表的なメリットを紹介します。

まちがえない!?ヒューマンエラーの削減

昨今ニュースで話題になる情報漏えいの原因は、多くが内部要因にあり人の手による漏洩だといわれています。ITセキュリティに万全な準備を施しても、高度なウイルス対策ソフトを導入しても、扱う人がエラーを起…

Read More

効率的な営業?高度な分析作業

マーケティングオートメーションとは、基本的に新規の顧客獲得を目的としたマーケティング活動を自動化する事で効率的な営業をサポートするツールを指します。企業が新規顧客を獲得する際は、見込み顧客に対して…

Read More

無駄の削減!?業務工程の効率化

マーケティングオートメーションによる業務効率化

マーケティングオートメーションを活用することにより、日々の営業活動の効率化が実現していきます。属人的な営業活動を続けていると、人為的なミスが生じるなど、成約に至るまでのプロセスに問題が起きていくものです。人に頼った営業活動には、手順ミスなどの問題だけでは無く、人員の代替が出来ない部分もあります。担当者が退職してしまったり、疾病により休職してしまったりした場合には、業務を円滑に行うことが出来なくなります。マーケティングオートメーションを導入することで、属人的に行われていた日々の業務も、正確に進められるように変わります。ミスや無駄の無い業務による、実現性が高い売上計画を実現していくことが出来るのです。

見込み顧客を逃さないことの重要性

マーケティングオートメーションを導入することは、成約に至る見込み顧客を逃さないことへ繋がります。どのような業態であっても、成約に結びつけられる見込み顧客を掘り起こすためには、相応な時間や予算が掛かります。多額の販促費用を投じて集めた、見込み顧客を逃さないことは勿論のこと、購買意欲を喚起出来るのも、ツールを導入することにより得られる利点です。 マーケティングオートメーションには、ナーチャリングと呼ばれる、独自の教育手法が採用されています。興味本位で訪ねて来た見込み客であっても、段階的に教育を施していくことにより、成約に結びつけていくことが出来るのです。既存の顧客システムとの連携を行えば、キャンペーン時に販促をかけることも容易となります。安定した売上を持続的に実現出来る仕組みを、社内に構築していけるのです。

マーケティングオートメーションの選び方

決して安くはないマーケティングオートメーションを導入するのならば、自社の活動に合ったものを選ぶことが重要となります。会わないものを選ぶと、無駄な費用が掛かるばかりではなく、使わなくなることもあります。選び方のポイントを知っておくとよいでしょう。

使いこなせる?サポート体制の有無

マーケティングオートメーションは、企業のマーケティング関連の業務を効率化させるために非常に有用なツールですが、導入に当たってはサポート体制がしっかりとしているかどうかを確認しておく必要があります。…

Read More

ほかの企業は導入している?同業他社での実績

マーケティングオートメーションを本格導入するにあたっては、同業他社が導入したツールの特徴や集客効果に注目をして、顧客獲得に繋がるものを選択することが重要です。たとえば、メール配信に特化したツールの…

Read More