効率的な営業?高度な分析作業

企業がマーケティングオートメーションを導入する理由

マーケティングオートメーションとは、基本的に新規の顧客獲得を目的としたマーケティング活動を自動化する事で効率的な営業をサポートするツールを指します。企業が新規顧客を獲得する際は、見込み顧客に対してコミュニケーションを継続的にとり、それぞれのユーザーの興味・関心内容に応じたサービスを提供する事が一般的になっていると言えます。またユーザーのニーズを正確に把握し、最適なタイミングで営業アプローチをする事が重要視されています。 ただ、これらの活動を手動によって行おうとすると、膨大な時間を費やす事になります。そのため多くの企業では、見込み客への適切なサービス提供やニーズが顕在化したタイミングでの営業活動の自動化を図るなどの目的で、マーケティングオートメーションを導入しています。

マーケティングオートメーションは高度な分析作業も容易にできる

マーケティングオートメーションの導入によって得られるメリットと言えるのが、高度な分析作業が比較的容易に行えるという点です。企業が利益を生み出すには、実践した施策の結果や顧客の属性情報を参考に分析し、課題の洗い出しや次回に向けた改善を繰り返す事が重要なポイントとなります。そこでマーケティングオートメーションを活用すれば顧客情報の一元管理からあるターゲットに絞ったリストの抽出までを全て行ってくれるため、様々な角度や視点での分析ができるようになります。例えばマーケティングオートメーションはメールの閲覧回数やサイトへのアクセス数といった計測もできるので、施策の効果を数値化し把握する事も可能です。そのため、PDCAを用いた改善活動をサポートする役割を果たしています。