使いこなせる?サポート体制の有無

なぜサポートが必要なのか

マーケティングオートメーションは、企業のマーケティング関連の業務を効率化させるために非常に有用なツールですが、導入に当たってはサポート体制がしっかりとしているかどうかを確認しておく必要があります。その理由は、せっかくシステムを導入したとしても、それを確実に使いこなすことができないと意味がないからです。マーケティングの担当者の中には、長年のマニュアル作業に慣れてしまっていて、システムに抵抗感を覚える人も少なくありません。そのような担当者にシステムを与えて使うように指示しても、そもそもどのように使ったらよいのか皆目見当つかないという状況は容易に想像できるでしょう。従って、そのような人々を適切にサポートできる体制が不可欠になるのです。

サポート体制はベンダー選定時に見極めよう

マーケティングオートメーションを導入した後のサポート体制は、ベンダーによって異なります。中にはサポートを最小限にする代わりにリーズナブルな料金でツールを提供しているようなとこもありますが、現場の担当者がシステムに不慣れであるにもかかわらずそういったベンダーと契約してしまうと、十分なサポートが得られずに余計な混乱を招いてしまうかもしれません。ベンダーを決めて契約してしまってからでは手遅れになってしまいますので、提供されるサポートが十分なレベルであるかどうかはベンダーを選定するタイミングでしっかりと見極めるようにしましょう。そのためにも、選定プロセスにはIT部門だけでなくマーケティング部門の担当者にも加わってもらう必要があります。